プリンター設定メモ

3Dデータを印刷するには、スライサーソフト(付属のcure for BIQUのこと)で印刷機用の最終データを作成する必要がある。

・3Dデータ .stl形式を用意する。
・cure for BIQUで 3Dデータ(STL形式など)データを読み込む。

 造形が現れないときは、印刷されない。
3Dソフトで、stlデータを修正する。

読み込めたら、印刷時の設定を行う。

・定着部設定

image
– 小物をプリントするときは、Builed Plate Adhesion にckを入れる。
(定着ベースができる。)
image
定着ベースは、造形物の周囲にわたって作られる板のようなもの。

・印刷機用のデータをSDカードの保存する。(.gcode)で保存する。
 .gcode形式は、2次元にスライスした形をヘッドで再現させる印刷命令情報
 後での修正はできない。cure for BIQUで開くことはできるが、設定は変えられない。

 設定を変えたかったら、.gcodeで保存する際に、修正編集可能形式である、
.3mf形式で保存しておく。 この形式は、cure for BIQUで何度も修正できる。
 修正したら、印刷データを.gcodeで保存する。  例1 

・カスタム設定

image

プリントに途切れや、変形があるときの変更設定。

– Printing Temperature 200度 
– Enable Retraction  ckを外す。 
  例1, 例2