円筒の仕上がりが変形するときは、ファンを回すと改善

image

円筒部品 内径6mmのゆがみ(写真内左)

小さな部品ですので、ゆがみは致命的。
温度を変えても改善しない。
時々成功する。

なんだっけ。 こういう場合。

image

ファンを回したら、ゆがまなくなった。

image

回転数を変えられるが、といりあえず適当に250に

image

ファンONで回るファンは二つ。 
左のファンは、最初から回りっぱなし。

image

ヘッド周辺で風量を感ずることができる。

スライサーの設定でFAN onにしても全部は回さないようだ。

したがって、プリントする際にファンをONにすること。

image

カテゴリーBIQU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA