角度を変えてプリントしてみる

image

ヒンジ部品を平面ではなく90度回転させてプリントしてみる。

サポートが取れない問題に対する一つの解決策を試す。
それは、平面に置いていた部品を90度回転させて横向きにしたらどうなるか。

image

3D印刷結果は45分後にわかる。

image

プリント後
ネジ穴の部分のサポートがはみ出している。 回転部分の出来が甘い。
使えない。

image

ネジ穴は強度を落とすのでやめよう。

 

image

縦置きも試してみる。

 

image

失敗。 全く定着していない。 
他のことをしていて全く見ていませんでした。

image

原因判明

定着パターンを増やしたつもりで0にしていました。

これでは無理

 

image

Brim(縁)を20mmにして軌跡を確認。

土台以外にも縦方向に支えができる模様。

 

image

実際にできた縦置き形。

途中までは良い感じですが、上部が溶けたような感じに。
温度の加減かな。

image

サポートをはずそいている途中で折れた。
やはり、積層方向への曲げは弱い。

結局水平置きが良い。
BIQU MAGICIANで使える部品として仕上げるには、定着部の厚さ、曲げ方向、サポートの有無を考えながら部品設計する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA