二台目は flsun Q5にしました。

image

2台目を購入していました。色々検討しましたが今度も結局デルタ型。
半年使って、気に入っています。
デルタ型はとにかく接地面積が小さく、静か。それでいて造形サイズは大きい。

組み立てキットになっていましたが、梱包を小さくするためのものです。
家具を組み立てるような感じです。

image
ただしコネクタを差し込む必要があるところは、家具の組み立てとは違いますね。

この記事の内容

flsun Q5の特徴

flsun Q5にはわかりやすい特徴があります。
BIQU magicianには無かったものです。

(1)より大きなものを作ることができる。
BIQU magicianは10cm径で高さが10cm、対してflsun Q5は20cm径で高さ20cm

(2)ヘッドに直接冷却風が当たる。

image

 これにより、造形角度を大きくしても仕上げがきれい。

(3)底面(定着部)はホットプレートになっていて、温度調整も可能。

造形可能サイズが大きくなるので、当然全体形状は大きくなります。

それでもBIQU magicianと合わせても、箱型の3Dプリンターより小さいくらいでしょう。

image
食器棚に2台設置して、同時動作が可能。

image

扉を閉めれば、ファンの音も消える。
ほぼ無音。 ときどきゴトッとヘッドが動いている? 振動を感ずる程度。
深夜でも動かしていますが、同室で就寝可能な騒音レベル。
別の部屋で寝ているので、動かしていたことを忘れるほど。

一度のヘッド調整後、手直し無しで良好。
プレートを40度にして使用。 定着は良好。
シート等使わずオリジナルのまま使用。

心配事

形状が大きいにもかかわらず、SDカードがマイクロタイプなので、挿入時に折ってしまいそうになることくらい。

結論

完成度の高い3Dプリンターだと思います。
すこし大きいので、2台目として正解でした。
しかもコスパ最高。 購入当時amzonで 2万円台でした。

image

基板を写してみました。 パソコンと同様の信頼性水準だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA